鴻和法律事務所とは

事務所理念

「法律の総合病院」を目指して

病院には、「内科」や「外科」、「小児科」など、病気や怪我の種類によって様々な診療科があり、多くの病院ではその診療科を病院名に標榜していたりします。

弁護士が取り扱う分野も、企業法務から離婚や相続、あるいは刑事事件まで多岐に渡りますが、特定の分野に特化していて、そのことが名称だけで分かるという法律事務所は非常に少ないです。
実際には、弁護士によって、よく取り扱っている分野や得意な分野は違います。ただ、それは外からは分かりにくく、「せっかく弁護士に相談したのに、自分は専門ではないのでよく分からないと言われた」という話もお聞きするところです。

一方で、法的トラブル・法的紛争には、複数の分野にまたがっているものも多いです。しかも、全体的な解決を図るには、それぞれ別の弁護士に依頼すればいいというわけではありません。全体的に目を配りながら事件を解決していく必要があるわけです。そこで、わたしたち鴻和法律事務所が目指しているのが「法律の総合病院」です。

あらゆる分野で、迅速かつ最適な対応を

福岡市中央区赤坂の鴻和法律事務所では、ごく一部の例外を除き、あらゆる分野において法的サービスを提供し、各分野についてより迅速かつ最適な対応をとっていくことを目指しています。

まず、いくつかの分野については当事務所内に「専門部」をつくっており、各弁護士がそれぞれいくつかの専門部に所属しています。
そして、各専門部で定期的に集まり、事例検討や最新判例の研究などで、日々知識を蓄え、その分野での専門性を高めています。
もちろん、弁護士一人ひとりが、日々の事件を通して様々な事件についてのスキルアップをはかっていますが、専門性の高い事件や複雑な事案などでは、その分野の専門部の弁護士と一緒になって対応します。

こうすることによって、あたかも「総合病院」のように、事件(病気)の種類によって相談や依頼(診断や手術)をお断りすることなく、かつ、専門性の高い事件(難病)についても最適な助言や対応(治療や手術)ができるようにしたいと考えています。

あらゆる分野の法的問題に、レベルの高い対応を。
それが「法律の総合病院」を掲げる当事務所が目指しているところです。

より充実したサービス

鴻和法律事務所では全体で400社ほどの顧問先がありますが、直接の担当の他に必要に応じて副担当を置くなど日々の相談について正確に早く応えるのはもちろんのこと、文書の作成をサポートし、社員教育や社員の法律相談にも応じるなど、より充実したサービスを心がけています。

お客様の必要に応じて

鴻和法律事務所では、弁護士の状況に応じて、事務所の態勢をとるのではなくお客様の必要に応じて事務所の態勢を変化させていく事務所でありたいと思っています。
そのために事務所会議を定例化して、事務所のあり方について絶えず議論を続けています。鴻和法律事務所において変わらないことがあるとすれば、いかにお客様の要望に正確且つ迅速に応えられるかを常に考え続ける姿勢です。

「鴻和」とは

事務所名の「鴻和(こうわ)」とは造語です。
「鴻」は、空想上の鳥である鳳凰のことです。中国の故事に「燕雀いづくんぞ鴻鵠の志を知らんや」という言葉があります。私たちは法律事務所のサービスについて大きな志を持ちたいということで、鴻という字をつけました。
また、「和」とは、同じく中国の故事に「君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず」とあるように、原則を重んじながらも柔軟に対応するという姿勢を表したものです。
この名前に恥じないよう、お客様の期待に応える法的サービスを提供し続けていきたいと考えております。

鴻和法律事務所なら初回法律相談無料

福岡の「鴻和法律事務所」の弁護士による離婚相談専門サイト
福岡の「鴻和法律事務所」の弁護士による交通事故専門サイト
鴻和法律事務所なら初回法律相談無料
ページトップ